西風新都セントラルシティこころ

こころショップインタビュー
パティスリー&ショコラトリー マチルダ(2008年創業)
モダンな店内で、カラフルな洋菓子がお出迎え。
美味しいお菓子のために遠くからもお越しいただける店をめざして。

フランス菓子を基本に、季節の素材で作り出す美味しいハーモニーが店内にあふれています。さらに希少なエクアドル産のカカオを使ったチョコレートもご自慢の逸品です。お菓子は「幸せなひとときをつくるもの」という思いをこめて毎日、新しいスイーツづくりに励んでいらっしゃいます。

●こころでは数少ない洋菓子のお店ですね。

お客さまが幸せな気持ちになっていただけるように、その思いをこめて毎朝7時から菓子づくりを始めています。これまでドイツ菓子、フランス菓子、レストランのパティシェなどで修行してきましたが私の基本はフランス菓子です。神戸の御影、芦屋にいた頃、大使館のパーティ用デザートを手がけ、招待客の方々にお喜びいただいたのはいい想い出です。今、お店で出している苺のケーキは近隣の戸山地区で獲れたものです。地元の上質なフルーツをはじめ、四季おりおりの恵みをお菓子に表現しています。

●この街にお店を開いたきっかけをお聞かせください。

こころに開店したのは2008年です。子どもが小学校に入学することを契機に実家のある広島に帰りまして、自分の店を持つことにしました。新しい街というのが気に入りまして、これから大きくなるだろうなあという期待もありました。個人のお客さまはもとより、こころや西風新都界隈にある会社の方にもよくご利用いただいています。社員さんの転勤や退職、ご結婚やちょっとしたお祝いにフランス菓子の贈り物をなさるわけですから、ここで働いている方はセンスも洒落ておられるなあと感じます。開店から8年以上経って、住宅が増えたり、交通が便利になったりと発展しましたが、落ち着いた雰囲気は変わらない。そこが、こころのいいところです。

●お客様さまにメッセージをどうぞ。

ケーキの入った箱を開くと、笑顔が広がりますよね。そんな幸せなひとときをつくるお手伝いをしたいと思っています。食べやすいショートケーキから、お客さまのご要望に合わせてつくるデコレーション、焼き菓子などを揃えております。3年前からチョコレートにも力を入れており、なかでも生産量が希少なエクアドル・アリバ高原のカカオを使ったスイーツは自慢の逸品です。
「マチルダ」では美味しいお菓子のために遠くからでもお越しいただける店をめざしています。定番のスイーツを写真付きでホームページでご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。きっとお気に入りの味に出会えると思います、みなさまのご来店を心よりお待ちしています。

(補足)
*近隣の洋菓子店:バッケンモーツアルト西風新都店(マックバリュー内)、物販のみ。
*フレスポ西風新都に、カフェの尾道浪漫珈琲あり。