西風新都セントラルシティこころ

こころショップインタビュー
Ballet Platine(バレエ プラティーヌ)(2015年創業)
二人でつくった理想のスタジオで、
世界で活躍できるプロのダンサーを育てていきたい。

Ballet Platineの佐藤先生と野村先生は、実はご姉妹。念願だったご自分たちのスタジオをオープンさせ、二人三脚で楽しい教室をつくられています。丁度お邪魔した時は、2~3歳を対象とした初心者レッスン。スタジオは、はじけるようなかわいい笑顔でいっぱいでした。

●お店の情報を教えてください。

初心者から、将来プロを目指す方まで楽しんでレッスンできる、クラシックバレエスクールです。生徒さんは、小さなお子さまはもちろん、日々の健康づくりのために60代からはじめられた初心者さんもいらっしゃいます。
コンクール出場を目指すクラスでは、大会前に個人レッスンも行っています。海外のプロを招いた講習会を開催するなど、より上を目指したくなるような環境も用意しています。
教室の特色としては、海外留学経験を生かし英語を使ったレッスンがあることでしょうか。小さなお子さまを対象に、英語を交えて楽しくレッスンしています。

●こころにスタジオをつくられた経緯を教えてください。

以前はAシティのレンタルスタジオなどで教室を開いていましたが、開催できる時間が限られていることや子育てとの両立を考え、自分たちの自宅兼スタジオをつくることにしました。広島市の安佐南区、西区、中区、五日市、廿日市などからこれまで通ってくれていた生徒さんの通いやすさを第一に考えて、こころを選択しました。
この街は、若い世代が多いだけでなく、文化的意識や情操教育に関心が高い方が多く、私たちもいい刺激をもらっています。
私たち二人もこころの住民。交通の便もよく、緑化も進んでおり生活環境は素晴らしいと感じています。

●これからどんなスタジオにしていきたいですか。

誰もが楽しめるレッスンを開き、幅広い年齢層の方に来ていただけるスタジオにしていきたいです。親子で通ってくださる方も増やしていきたいですね。
目標といえば、海外で活躍するプロを育てること。
バレエは10年やってやっと成果がではじめるものです。コツコツ挑戦を続けることはたやすいことではありません。それを知っているだけに、私たちはこれから成長していく子どもたちの才能を伸ばせるよう、しっかりサポートしていきたいと考えています。
音楽に親しむことからはじめ、次に集団の中で先生の話が聞けるようになること、一つひとつ課題を与えそれを達成する喜びを実感すること、などきちんとステップを踏んで成長できるように導いていきます。