西風新都セントラルシティこころ

こころショップインタビュー
ドッグサロンコロル(2013年創業)
こころは遠方からも足を運んでもらいやすく、環境もいい。
お客様に満足のゆくサービスを提供できます。

お店の名前「コロル」は看板犬の「コロスケ」と「チロル」からとって命名したと教えてくれたオーナーの宮本様。現在はピノちゃんが加わり、3匹の看板犬が在籍。宮本様にお話を伺っている間、3匹がそれぞれ私たちの相手をしてくれました。

●どんなお店ですか。

ペット(主にワンちゃん)のトリミング(シャンプー、カット、爪切りなど)を行っています。その他、しつけといったワンちゃんに関する悩みやグッズの購入、お店にはいませんが仔犬の販売の相談にも応じています。 常に心がけているのが丁寧なトリミング。一匹一匹のワンちゃんの毛の状態に合わせてシャンプーの配合を調整しています。 また、一人でお店を切り盛りしているので、他のワンちゃんに迷惑をかけるようなワンちゃんはお断りするケースもございます。大事な命を預かっている責任を果たすべく、誠実な対応を心がけています。

●こころを選んだ理由を教えてください。

21歳のとき、最初に西区で店舗を開き、次にこころの別の場所で店舗を設けました。販売センター近くの現在の場所は3か所目。こころは遠方からのお客さまが通いやすいのでとても便利です。安芸高田市や東京からも足を運んでくださるお客さまがいます。 こころ近郊にはドッグサロン(トリミング)に特化したお店がなかったのも、こころを選んだ大きな理由です。こころは、街がきれいで人もやさしく犬を育てるのにとても良い環境で、もともと住みたい街でした。自宅兼お店にするなら、お客さまが安心して預けられる理想のサロンはこころで開きたいと思ったんです。

●どんなお店にしていきたいですか。

先輩のコロスケは、昔トリミング競技大会で日本一・最優秀技術賞をもらったパートナーです。現在、この競技会のパートナーはピノ。ともに日本一を目指しています。 私が競技大会に参加し続けているのは、お客さまに確かな技術をお届けしたいからです。こうした技術賞をいただくことで、まだ若い私にも安心して預けていただけると感じています。 もともと私はスポーツを頑張っていて、テニスの国体強化選手でもありました。今でも強化合宿のサポーターとして参加しているため、少しでも時間があれば練習に出かけます。何事にも負けず嫌いな性格で、中途半端が一番苦手。競技大会で日本一を目指すことはもちろん、一匹一匹のワンちゃんに時間をかけて真剣に向き合い、個性を大切にしたこだわりのスタイルをご提案します。