西広島開発株式会社

社長挨拶

 当社が開発・分譲を進める「西風新都セントラルシティこころ」は、広島市の「広島西風新都推進計画」における中核的な位置づけのプロジェクトです。

 開発済み面積約340ヘクタール(102万坪)のなかに、住居ゾーン「こころ(戸建総計画数約3,000戸)」や、商業・業務および産業ゾーン約72ヘクタール(22万坪)を配し、西風新都が形成する都市機能である「住む」「働く」「学ぶ」「憩う」「護る」のうち、主に「住む」「働く」の機能を担っています。

 当社は「暮らしやすく自慢いただけるような誇れる街」、また企業誘致により雇用を創出することで、「人が集い賑わいを創出し続ける街」を目指して開発を行い、1998年以降20年以上にわたり土地の販売を続けてまいりました。おかげさまで2019年6月時点においては、約2,600世帯9,000名の方が生活し、また、約150社に進出いただき約5,000名の方が就業するほど大きな街に発展し、街としての成長ステージから成熟ステージに入りつつあります。

 当社役職員は、住民の皆さま、進出企業の皆さま、ハウスメーカーの皆さま、そして数々の関係者の皆さまと一緒になって、この街の価値をより高められるよう精一杯努力していきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

西広島開発株式会社
代表取締役社長 松谷秀伸