西風新都セントラルシティこころ

街を彩る自然の彩り
  • レイクサイド公園レイクサイド公園レイクサイド公園
  • 枝垂れ桜通り枝垂れ桜通り枝垂れ桜通り
  • ゆきやなぎ公園ゆきやなぎ公園ゆきやなぎ公園
  • 西風梅苑西風梅苑西風梅苑
  • 紅白つつじ帯紅白つつじ帯紅白つつじ帯

【地域環境への取組】

セントラルシティこころでは、地域環境の緑化整備が団地の環境付加価値の向上につながると考え、自然と街が調和した街づくりを目指しています。

都市郊外の豊かな自然との調和に配慮しながら、四季を通じた花と緑を楽しんでいただけるよう、開花時期の異なる様々な花木を街の随所に配植しています。

なかでも、南側(佐伯区石内北側)の団地法面約1キロに広がる10万本の紅白つつじ帯は圧巻ですし、少し違ったテイストでは、梅と枝垂桜をシンボル樹木とした庭苑(西風梅苑・枝垂桜通り*1)が、全国的にも著名な桜守第16代佐野藤右衛門氏*2の手により作庭されています。地域の皆様に、文化的にも格調高い本格的な京都庭園に触れていただきたいとの願いから、作庭を依頼しました。年月の経過とともに、地域の花と緑の名所として、今後さらに多くの皆様の憩いの拠点になるのではないかと考えています。

このような多彩なコンセプトで地域環境への取り組みを続けていますが、団地内人口の増加とも併せて、今後もこの取り組みを継続、さらに進化させていこうと考えています。

*1 枝垂桜通り:東西200メートルに渡り、京都円山公園の祇園枝垂桜から採芽した枝垂桜を中心に200本以上の桜を植樹
*2 第16代佐野藤右衛門:京都迎賓館の庭園造成の際、棟梁として活躍された日本一の桜守